腸内フローラを若返らせてアンチエジングをしよう

腸内フローラを若返らせてアンチエジングをしよう

腸内フローラを改善したり、大豆イソフラボンから生成されるエクオールを体内で増やせば細胞が活性化されて健康維持や若返りの効果があることが最近の研究で実証されています。
それだけでなく、更年期障害の症状を抑えるなどサプリメントも人気です。

 

腸内フローラの改善がアンチエイジングに繋がる

 

人間の腸の中には普段から数えきれないほどの細菌が生息していて、種類は100〜3000、数は100〜1000兆個とも言われています。これらをまとめて腸内フローラといい、それぞれの腸内細菌のバランスを維持することで健康な体を保って元気に過ごしたり、美しさや若さを維持することができます。腸内フローラはアンチエイジングとも密接な関係があることが研究成果でも報告されていて、善玉菌の数を増やすと美肌のためになるさまざまな効能が得られます。逆に悪玉菌が増えてしまうと毒素が溜まったり代謝が悪くなるのでニキビや吹き出物が増えたりシミができたり、体脂肪や水分がたまって体重増加やむくみの原因になったりするので食生活には注意が必要です。善玉菌を増やすためには発酵食品を食べるのが効果的なので、ヨーグルトや納豆、チーズ、味噌や酒粕、キムチ、漬けものなどを毎日摂取するようにしましょう。

 

 

腸内フローラを綺麗にするには

最近は機能性食品で効果が高い乳酸菌の入っているヨーグルトや飲むヨーグルト、簡単に服用できるサプリメントなども登場しているので毎日手軽に栄養素を補給できます。腸内フローラを改善すれば若返りのために役立つので、善玉菌が老廃物や毒素を体外に排出してくれたり新陳代謝を高めて細胞を蘇らせてくれます。小ジワやシミ、たるみを撃退し、ハリや弾力がなくなってしまった肌もふっくらと輝きを取り戻せるので体の内側からアンチエイジングができます。お通じもよくなるのでおなかのまわりがスッキリして膨張感がなくなり、体重が減っていなくてもウエストが細くなる効果が得られます。食生活が乱れてしまうと悪玉菌が増えてガスが溜まったり肌の調子も悪くなるので、普段からなるべく健康的な食事をするようにしましょう。特にビタミンやミネラルをバランスよく補うようにして、酵素の入った食品や乳酸菌を多く含む発酵食品は毎日食べたい食材です。洋食よりも和食のほうが健康的で、脂肪分や糖分が少なくて美容にもよいので最低でも一日1食は和食の献立にするのがおすすめです。

 

まとめ

腸内最近は3歳までで決まると言われていますが、腸内を健康的にすることで、腸内細菌のバランスがよくなり、アインチエジングにも期待できます。
女性はホルモンのバランスでも体に変化がみられます。その為には腸内フローラを健康な状態にしておくことがよいでしょう。
エクオールを摂取することで、ホルモンバランスが整えられる詳しくはエクオールの効果を見てみてください。